Power Unit Inc. | 想像力のない者に翼はない | Storage
15882
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-15882,qode-quick-links-1.0,woocommerce-no-js,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,columns-4,qode-theme-ver-16.8,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive
 

Storage

Storage

AWS で最も基本的なサービスの一つがストレージサービスです。データを用途・特色に応じて効率的に管理できます。

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) ... オブジェクトストレージ

冗長化され信頼性が高くスケーラビリティも備えたデータストレージサービス

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) とは、クラウド内で冗長化され信頼性が高くスケーラビリティーも備えたデータストレージサービスで、従来のシステムにおけるデータを保存するためのファイルシステムにあたります。文書ファイル、画像、動画などを保存するのに適しています。Amazon S3 では、ストレージで管理されるデータの塊を「オブジェクト」と呼び、高い耐久性と高い可用性を提供しているので、信頼性の高いオンラインストレージです。

Amazon S3 は、「バケット」と呼ばれるリソースにデータをオブジェクトとして保存します。バケットは自動的にスケーリング可能なので、ユーザーは必要なだけいくらでもオブジェクトを保存できます。

最もシンプルでかつ使い勝手の良いストレージサービス

Amazon S3 は、シンプルなウェブサービスインターフェイスで使いやすいオブジェクトストレージを提供することによって、ウェブのどこからでも好きなだけの量のデータを簡単に保存および取得できます。Amazon S3 では、実際に使用したストレージ分のみお支払いいただきます。最低料金や初期費用はありません。

Amazon S3 は、様々なユースケース向けに、頻繁にアクセスするデータの汎用ストレージのための Amazon S3  Standard、長期間使用するが頻繁にアクセスしないデータのための Amazon S3 Standard Infrequent Access (Standard – IA)、長期アーカイブのための Amazon Glacier を含む幅広いストレージクラスを提供しています。

また、Amazon S3 は、ライフサイクル全体を通してデータを管理するための、設定可能なライフサイクルポリシーも提供しています。ひとたびポリシーが設定されると、データは、お客様のアプリケーションに変更を加えることなく、自動的に最も適切なストレージクラスに移行します。

AWS の様々なサービスと併用することによって Amazon S3 では、バックアップとリカバリー、ニアラインのアーカイブ、ビッグデータ分析、災害対策、クラウドアプリケーション、およびコンテンツディストリビューションなど、幅広いユースケースに対応するコスト効率に優れたオブジェクトストレージを提供します。

  • コンテンツ配信や保管サーバー … 画像、動画、文書ファイルなどのメディアコンテンツ。JavaScriptを活用した 2-Tier Web システム。
  • ログ&データハブストレージ … ログやデータ分析保管用ストレージ。データ中継ストレージ。
  • バックアップやディザスタリカバリ … データバックアップストレージ。拠点間レプリケーション。
Amazon CloudFront ... CDN (Contents Delivery Network) - コンテンツ配信ネットワーク

AWS が提供するコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)

Amazon CloudFront は、いわゆるコンテンツデリバリーネットワーク(CDN)です。コンテンツデリバリーネットワークを利用すれば、エッジロケーションのグローバルネットワークを利用し、静的、動的、ストリーミング、およびインタラクティブなコンテンツを含む、ウェブサイトのリソース全体をグローバルにハイパフォーマンスで配信できます。

Amazon CloudFront は、クライアントからの要求に対するウェブサーバーが応答するリソース(のキャッシュ)をエッジロケーションと呼ばれるネットワークのポイントにあらかじめ分散配備します。コンテンツのリクエストは、自分に最も近い(つまりレスポンスの良い)エッジロケーションから効率よくコンテンツを受信できます。

また、オリジナルの最終ファイルが格納されている AWS 以外のオリジンサーバーともシームレスに連携します。他の AWS サービスと同様に、Amazon CloudFront を使用するための長期契約または月々の最低使用料金は不要です。コンテンツ配信サービスを通じて実際に配信されたコンテンツの量に応じてお支払いいただくだけです。

Amazon CloudFront は、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)、Elastic Load Balancing(ELB)、Amazon Route 53 などの別の AWS と連携するように最適化されています。

Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS)... ブロックストレージ

Amazon Elastic Computing Cloud (Amazon EC2) のためのデータストレージサービス

Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS)は、Amazon EC2 インスタンスのデータを保存するデータストレージサービスです。EC2 本体の HDD や SSD のような役割をします。EBS は、スナップショットと呼ばれる EC2 の動作イメージのバックアップを取得できます。

Amazon EBS を使用すると、ストレージボリュームを作成して Amazon EC2 インスタンスにアタッチできます。いったんアタッチすると、これらのボリュームの上にファイルシステムを構築したり、データベースを実行したり、ブロックストレージを使用するその他の方法でボリュームを使用したりできます。

高い可用性と高い耐久性を兼ね備えた Amazon EBS

Amazon EBS は、永続的なブロックレベルのストレージボリュームを提供します。EBS のどのボリュームも、耐久性に優れたスナップショット機能を提供し、ストレージコンポーネントに障害が発生した場合でも保護し高い可用性と耐久性を提供できるように、各 Amazon EBS ボリュームはアベイラビリティーゾーン内で自動的にレプリケートされます。高い可用性を維持する設計となっています。Amazon EBS ボリュームは、作業負荷の実行に必要な安定した低い遅延(高速)のパフォーマンスを提供します。Amazon EBS を使用すると、使用量の拡張または縮小を分単位で行うことができます。

Amazon Elastic File System ... 共有ファイルシステム

複数の Amazon EC2 が同時アクセスできる共有ファイルシステム

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) は、AWS クラウドで Amazon EC2 インスタンスと共に使用するための、シンプルでスケーラブルなファイルストレージシステムです。Amazon EFS には、使いやすく、ファイルシステムを迅速かつ容易に作成および構成できるシンプルなインターフェイスが提供されています。Amazon EFS のストレージ容量は伸縮自在で、ファイルの追加および削除に合わせて、ストレージ容量の拡張や縮小が自動的に行われるため、必要なときに必要な分のストレージをアプリケーションで使用できます。

Amazon EFS ファイルシステムが Amazon EC2 インスタンスにマウントされると、標準的なファイルシステムインターフェイスと、ファイルシステムアクセスのセマンティクスが提供され、既存のアプリケーションやツールに Amazon EFS をシームレスに統合できます。複数の Amazon EC2 インスタンスから 1 つの Amazon EFS ファイルシステムに同時にアクセスできるため、複数の Amazon EC2 インスタンスで実行されているワークロードやアプリケーションに共通のデータソースを提供できます。

高い可用性と耐久性を実現するよう設計されているので、ビッグデータと分析、メディア処理ワークフロー、コンテンツ管理、ウェブ配信、ホームディレクトリなど、幅広いワークロードやアプリケーションに最適なパフォーマンスを実現できます。

Amazon Glacier ... アーカイブストレージ

Amazon Glacier は、最も低価格で利用できるストレージサービスです。バックアップやアーカイブの保存などの用途に適しています。オンプレミスで利用していた磁気テープのような使い方が適しています。使用頻度が低く、長期間保存したいデータに利用します。

アーカイブ

Amazon Glacier では、データは「アーカイブ」に保存されます。写真、動画、ドキュメントなどの任意のデータをアーカイブにすることができます。1 つのファイルをアーカイブとしてアップロードしたり、複数のファイルを 1 つの TAR ファイルまたは ZIP ファイルに圧縮して 1 つのアーカイブとしてアップロードしたりできます。

Amazon Glacier に保存できるアーカイブの数とデータ量に制限はありません。各アーカイブには作成時に一意のアーカイブ ID が割り当てられ、アーカイブのコンテンツは変更不可能です。つまり、作成後は、アーカイブを更新することはできません。

ボールト

Amazon Glacier では、アーカイブを保存するためのコンテナとして「ボールト」を使用しています。AWS マネジメントコンソールでは、ボールトのリストを表示できます。また、AWS SDK を使用して、ボールトの作成、ボールトの削除、ボールトのロック、ボールトのメタデータのリスト表示、ボールトインベントリの取り出し、ボールトのフィルタリング用タグ付け、ボールトの通知の設定といった、ボールトに関するさまざまな操作を実行できます。また、ユーザーに対して特定のアクティビティを許可または禁止するボールトごとのアクセスポリシーを設定することもできます。

AWS Import / Export Snowball ... データ転送

ペタバイト級の大容量データの転送サービスアプライアンスです。データセンターの移設や災害時のデータ移行などに使います。

Snowball はセキュアなアプライアンスを使用したペタバイト規模のデータ転送ソリューションで、AWS クラウド 内外に大容量データを転送できます。Snowball を使用すると、ネットワークのコストが高い、転送時間が長い、セキュリティに懸念があるといった大容量データの転送に関する一般的な課題を解決できます。Snowball を使うとデータを簡単、迅速、安全に転送でき、コストは高速インターネットの 5 分の 1 ほどで済みます。

Snowball でデータを転送するのに、コードの記述やハードウェアの購入は必要ありません。AWS マネジメントコンソールでジョブを作成するだけで、Snowball アプライアンスが自動的に発送されます*。アプライアンスが配達されたら、アプライアンスをローカルネットワークに接続し、Snowball クライアントをダウンロードおよび実行して接続を確立してから、クライアントを使用して、アプライアンスに転送したいファイルディレクトリを選択してください。その後、クライアントにより、ファイルが暗号化され、アプライアンスに高速で転送されます。転送が完了して、アプライアンスを返送する準備が整ったら、E Ink 発送ラベルが自動的に更新されます。ジョブのステータスの追跡は、Amazon Simple Notification Service (SNS) やテキストメッセージにより、またはコンソールで直接行えます。

Snowball では、データ保護のために、不正開封防止筐体、256 ビットの暗号化、およびデータのセキュリティと完全な保管継続性を確保するための業界標準である Trusted Platform Module (TPM) など、数重に設計されたセキュリティ機能を使用しています。データ転送ジョブが処理および検証されたなら、AWS により Snowball アプライアンスのソフトウェアが消去されます。

AWS Storage Gateway ... オンプレミスと AWS のストレージゲートウェイ

オンプレミスのシステム(ソフトウェアアプライアンス)と AWS を接続するストレージのゲートウェイです。組織のオンプレミスの IT 環境と AWS のストレージインフラストラクチャ間でシームレスでセキュアな統合を提供するサービスです。このサービスを利用すると、スケーラブルでコスト効率の高いストレージとして AWS クラウドに安全にデータを保管できます。

AWS Storage Gateway サービスでは、オンプレミスのストレージ環境と AWS クラウド間でシームレスなハイブリッドストレージが実現されます。マルチプロトコルストレージアプライアンスと Amazon クラウドストレージサービスへの非常に効率的なネットワーク接続が組み合わされているため、実質無制限のパフォーマンスを実現できます。お客様は、このサービスをリモートオフィスやデータセンターのハイブリッドクラウドワークロード、バックアップと復元、アーカイブ、災害対策、階層化ストレージに利用しています。

Storage Gateway の仮想アプライアンスは、ファイルサーバーとして、ボリュームとして、または仮想テープライブラリ (VTL) として、ローカルなインフラストラクチャとシームレスに接続されます。このシームレスな接続により、企業は可用性や耐久性が高く、低コストなクラウドストレージを使用して、既存のオンプレミスストレージ投資を容易に拡大できます。

AWS が提供するストレージサービスの関連を図示すると以下のようになります。

データの特徴(ファイルなのかブロックなのかオブジェクトなのか)によって対応する最上位のストレージサービスが分類されます。また、ストレージサービスに関連して、I/O を伴うデータ転送に対応する様々なオプションサービスが提供されます。