Power Unit Inc. | 想像力のない者に翼はない | Amazon EFS
17358
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-17358,qode-quick-links-1.0,woocommerce-no-js,ajax_fade,page_not_loaded,,side_area_uncovered_from_content,columns-4,qode-theme-ver-16.8,qode-theme-bridge,qode_header_in_grid,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive
 

Amazon EFS

Amazon Elastic File System (Amazon EFS)

Amazon EC2 インスタンスと共に使用するための、シンプルでスケーラブルな信頼性の高いファイルシステム

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) の特徴

Amazon EFS は、ファイルストレージの設定とスケールを容易に実行できる、Amazon クラウドの完全マネージド型サービスです。AWS マネジメントコンソールから数回クリックすれば、Amazon EC2 インスタンスからファイルシステムインターフェイス (標準のオペレーティングシステムファイル I/O API を使用) を介してアクセスでき、全般的なファイルシステムアクセスのセマンティクス (強い整合性やファイルのロックなど) に対応したファイルシステムを作成できます。

Amazon EFS ファイルシステムではストレージのプロビジョンが不要で、ギガバイト単位からペタバイト単位まで自動的にスケールできます。Amazon EFS ファイルシステムには数十、数百、数千の Amazon EC2 インスタンスから同時にアクセスでき、それぞれの Amazon EC2 インスタンスに対して安定したパフォーマンスが提供されます。

Amazon EFS ファイルシステムは、数の制限を受けない複数のストレージサーバーに分散され、ペタバイト規模にまで柔軟に拡張でき、Amazon EC2 インスタンスからデータに多量の並列アクセスが可能です。Amazon EFS の分散設計により、従来のファイルサーバーに本質的に存在したボトルネックや制約を回避できます。

分散型のデータストレージ設計となっているため、マルチスレッドアプリケーションや、複数の Amazon EC2 インスタンスから同時にデータにアクセスするアプリケーションでは、全体のスループットと IOPS のレベルを大幅に向上できます。

Amazon EFS は、各ファイルシステムオブジェクト (ディレクトリ、ファイルおよびリンクなど) は、同じリージョン内の複数のアベイラビリティーゾーン(AZ)に冗長的に保存されます。こうすることによって耐久性と可用性を実現するように設計されています。さらに、ファイルシステムにはそのシステムが存在するリージョン内にあるすべてのアベイラビリティーゾーンから同時にアクセスできます。つまり、ある AZ から別の AZ にフェイルオーバーするようアプリケーションのアーキテクチャを設計することで、アプリケーションに最高度の可用性を確保できます。

Amazon EC2 インスタンスをファイルシステムにアクセス可能にするかどうかアクセスコントロールするにはファイルシステムの作成時に、VPC 内に “マウントターゲット” と呼ばれるエンドポイントを作成します。それぞれのマウントターゲットでは、IP アドレスと DNS 名が提供され、マウントコマンド内ではその IP アドレスまたは DNS 名を使用します。ファイルシステムにアクセスできるのは、マウントターゲットにアクセス可能なリソースのみです。ファイルシステムのマウントターゲットに出入りするネットワークトラフィックは、VPC セキュリティグループを使用して制御できます。

Amazon EFS のメリット

シームレスな統合

Amazon EFS では、ファイルシステムインターフェイス (標準的なオペレーティングシステムファイル I/O API を使用) と、ファイルシステムアクセスのセマンティクス (データの強い整合性やファイルのロックなど) が提供されています。Amazon EC2 インスタンスには、NFSv4.1 プロトコルを介し、標準的なオペレーティングシステムのマウントコマンドを使用して Amazon EFS ファイルシステムをマウントします。

自動的な拡張と縮小

Amazon EFS では、アプリケーションを中断することなく、ファイルの追加または削除に合わせてファイルシステムのストレージ容量を直ちに自動で拡張または縮小できるため、必要に応じたストレージを実現できると同時に、時間のかかる管理タスクも軽減されます。

フルマネージドサービス

Amazon EFS は、ユーザーがファイルシステムを迅速かつ容易に作成および構成できるシンプルなウェブサービスインターフェイスを備えています。このサービスでは、ユーザーに代わってすべてのファイルストレージインフラストラクチャを管理するため、複雑なデプロイ、パッチ適用、および複雑なファイルシステムデプロイメントの維持をする必要がありません。

複数のインスタンスでのファイルストレージアクセスの共有

複数の Amazon EC2 インスタンスが、1 つの Amazon EFS ファイルシステムにアクセスすることができるため、複数のインスタンスにスケールされているアプリケーションから単一のファイルシステムにアクセスできます。同一リージョン内の複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) で実行されている複数の Amazon EC2 インスタンスがファイルシステムにアクセスでき、多くのユーザーが共通のデータソースを共有してアクセスできます。

一貫した、スケーラブルなパフォーマンス

Amazon EFS は、幅広い作業負荷に対応するために必要なスループット、IOPS、および低レイテンシーを提供できるように設計されています。Amazon EFS を使用すると、ファイルシステムの拡大に合わせて、スループットおよび IOPS がスケールされます。また、一貫した低レイテンシーのファイル操作を実現します

低コスト

Amazon EFS では、前もってストレージをプロビジョニングする必要なく、必要なときに、必要な容量を提供します。お支払いは使用した分だけで、最低料金や前払い料金はありません。

高可用性および高耐久性

Amazon EFS は高可用性および高耐久性を考慮して設計されています。Amazon EFS ファイルシステムの各オブジェクト (ディレクトリ、ファイル、リンクなど) は、複数のアベイラビリティーゾーンに冗長的に保存されます。

安全

Amazon EFS では、POSIX 権限によってファイルシステムへのアクセスを厳密に管理できます。ネットワークアクセスの管理には Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用します。

Amazon EFS のユースケース

ビッグデータと分析

Amazon EFS では、コンピューティングノードに対する高いスループットと書き込み後の読み取りの整合性と、低レイテンシーのファイル操作の両方を必要とするビッグデータアプリケーションに必要なスケーリングとパフォーマンスを提供します。

メディア処理ワークフロー

動画編集、スタジオ製作、放送処理、サウンドデザインおよびレンダリングといったメディアワークフローは、多くの場合、大容量ファイルを操作するための共有ストレージに依存します。高スループットと共有ファイルアクセスをそなえた強いデータ整合性モデルであれば、これらの業務にかかる時間を短縮し、複数のローカルファイルリポジトリを全ユーザー共通の単一ロケーションにまとめることができます。

コンテンツ管理とウェブ配信

Amazon EFS は、ウェブサイト、オンライン出版、およびアーカイブなどの幅広いアプリケーションのために情報を保存して処理する、高い耐久性とスループットをそなえた、コンテンツ管理システム用ファイルシステムとして使用できます。

ホームディレクトリ

Amazon EFS は、共通のデータセットにアクセスし、それらを共有する必要のある多くのユーザーを擁する組織にストレージを提供できます。管理者は、Amazon EFS を使用して組織全体のユーザーがアクセスできるファイルシステムを作成し、ユーザーおよびグループのファイルレベル、またはディレクトリレベルのアクセス許可を作成することができます。

Amazon EFS は Amazon Simple Storage Service (S3) や Amazon Elastic Block Store (EBS) と何がどうちがのですか?

Amazon EFS は、Amazon EC2 と一緒に使用するためのファイルストレージサービスです。Amazon EFS にはファイルシステムインターフェイスとファイルシステムのアクセスセマンティクス (強い整合性やファイルのロックなど) が用意されており、最大数千の Amazon EC2 インスタンスからの同時アクセスが可能なストレージが提供されます。そのためビッグデータと分析、メディア処理ワークフロー、コンテンツ管理、ウェブ配信、ホームディレクトリなどに最適なストレージサービスです。

Amazon EBS は、Amazon EC2 と一緒に使用するためのブロックレベルストレージサービスです。Amazon EBS は、単一の EC2 インスタンスから最も低いレイテンシーでデータにアクセスすることが求められるワークロードで性能を発揮します。そのため、OS のブートボリューム、データベース、Web サーバー、プロキシーサーバー、アプリケーションサーバー、エンタープライズアプリケーションなどに最適なストレージサービスです。

Amazon S3 はオブジェクトストレージサービスです。Amazon S3 では、インターネット API 経由でデータをどこからでも利用できます。そのため、静的なメディアファイル(写真、イメージ、イラスト、ビデオなど)、書類ファイル、ログファイル、バックアップファイルなどに最適なストレージサービスです。